読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

震災から6年

こんばんはぱぴこです。

遅くなりましたが今日は3月11日、3.11の日です。

東北大震災から6年が経ちました。

6年前の今日私が住んでる静岡県浜松市でも

ほんの少しだけ揺れたのを覚えています。

放課後の居残りをしてる最中で、初めは

めまいだと勘違いし誰にも言わなかったのですが

先生が慌てて事情を説明し帰宅の指示を出した時

初めてあれは地震だったのだと気付きました。

正直言うと大して揺れてないのに大袈裟だなぁ

というのが最初の感想。その時はまだ東北で

何が起きているのか全く把握していませんでした。

 

 

無事に帰宅し母親と顔を合わせた瞬間

テレビつけて大変なことになってると言われ

テレビをつけたところどこもかしこもニュース

ばっかで普通の番組は全くやっていませんでした。

当たり前といえば当たり前なのかもしれません。

でもまだ学生で何も知らなかった私にとって

それは異常な光景でした。ヘルメットをつけた

キャスターが早口で原稿を読む姿、映し出される

津波の映像、避難した人々の不安そうな顔

どれも忘れられません。忘れてはいけない。

 

災害というのはいつどこで何が起こるか分からない

のが現状です。誰も予知なんて出来ません。予知

出来たとしてもそれが当たるかどうかは別問題。

私の住む静岡でも何十年も前からくるくるって

言われていますが未だにきません。ですがこの先

こないとは決して言い切れないのです。大切な人も

いつか居なくなるかもしれません。今自分に出来る

こと、きっと何かあるはず。誰に何を言われても

大切な人には自分なりのやり方で精一杯愛を伝えて

いきたいです。今過ごしてる日常は決して当たり前

じゃない。明日が来ることも当たり前なんかじゃない。

今この一瞬一瞬を大切に。周りにいる全ての人に

感謝しながらこれからも生きていこうと思います。

 

長くなって申し訳ありませんでした